LGBT、性的マイノリティの方々のためのハワイウェディング・ハワイ挙式・ウェディングフォト

ハワイ島での同性結婚式なら【LGBTハワイアイランドウェディング】

日本国内の受付電話番号(受付時間10:30~18:00)
050-5 807- 3641

MENU

マリッジライセンスについて

マリッジライセンスについて

> マリッジライセンスについて

ハワイ島でLGBTウェディングを挙げるのなら、マリッジライセンスを取得しませんか。
ハワイは同性結婚を認めており、ハワイで結婚式を挙げた記録を日本の戸籍に残す方法があるのです。
ハワイ島で同性結婚式を検討していたり、戸籍に二人の結婚の記録を残したいと考えていたりする皆様に、
マリッジライセンスについてご紹介いたします。

マリッジライセンスとは

○マリッジライセンスとは

マリッジライセンス(結婚許可証)とは、結婚するための許可証です。ハワイでは、日本でまず入籍して、それから結婚証明書を提出して挙式を行なうブレッシングスタイルと、入籍前にマリッジライセンスを提出してから式を挙げるリーガルウェディングの2つの方法があります。

マリッジライセンスを取得してリーガルウェディングを挙げ、マリッジサーティフィケートを発行してもらうことで、ハワイで結婚したことを日本の戸籍にも記載してもらうことができるのです。同性結婚式を挙げる際にこの手続きを踏めば、日本の戸籍に二人が結婚した記録が残ります。

マリッジライセンスの取得方法

○マリッジライセンスの取得方法

挙式前日までに、書類の手続きをしなければなりません。書類はハワイ州保健局のホームページよりダウンロードできますので、日本にいる間にプリントアウトして記載しておきましょう。英語で記載する書類となりますので、確認しながら記入しなければなりません。かなり細かく記入する欄があるため、代行サービスもあります。

申請はお二人一緒にハワイ州保健局に足を運ばなければなりません。その際、お二人のパスポートと手数料が必要となりますので、忘れずに持って行きましょう。

マリッジライセンス取得後

○マリッジライセンス取得後

日本では、結婚式や披露宴を挙げても、法的には意味がなく戸籍に残りません。しかし、ハワイでは正式な夫婦となるための法的な位置づけとなっているのです。

マリッジライセンスを取得したら、それを持って行き、結婚式を行ないます。書類に牧師様や裁判官の方にサインをしてもらいましょう。マリッジライセンス取得後30日以内に手続きを行なわなければ無効となってしまいますので、忘れないうちに早めにマリッジサーティフィケートの手続きを行なって下さい。

マリッジサーティフィケートに発行は、1ヶ月ほど期間がかかります。これが届けば、お二人の結婚が認められたことになるのです。パートナーが異性でも同性でも、お互いを心から愛し伴侶にしたいと思う気持ちは同じです。ハワイ島で憧れのLGBTウェディングを挙げましょう。

© 2017 LGBT Hawaii Wedding., All Rights Reserved.